八王子市立長房西保育園

トップ

園のご案内

園のお知らせ

年間行事

1日のすごし方

心と身体(保健衛生)

今日の保育

今日の給食

子育て支援

一時保育



八王子市立長房西保育園

〒193-0824
東京都八王子市長房町
588都営西8号棟
TEL:042-664-2583
FAX:042-665-1711


指定管理者
社会福祉法人 相友会
理事長 村松一恵

姉妹園
浅川保育園  諏訪保育園


ボランティアしませんか
地域支援の一環として、ボランティアの受け入れをしています。詳しくは園までお尋ねください。

心と身体(保健衛生)
kokoro 09月号  
                                    八王市立長房西保育園/看護師 松下美佐子

今年の夏は真夏日の連続で、子どもたちは元気いっぱいプール、水遊びを楽しんだようです。いろいろな所へお出かけになったご家族も多いかと思いますが、小さい子ほど何日も疲れが残ります。下痢をしたり発熱したり、機嫌が悪くなったりと体の疲れを上手く言葉で言えない分、普段とは異なったサインで大人に訴えます。まだまだ暑い日が続くかと思いますが、ご家庭での健康観察をひき続きお願いいたします。また発熱のあった翌日は1日お家で様子を見てからの登園ができるようご協力をお願いいたします。

9月9日は救急の日です

※ 気管異物のときの応急手当て

 

 

保育から子育てを学ぶ 

 先日は、ゆり組さんの懇談会で皆様とお会いできました。私は、長房西保育園が公設民営化された年から、毎月こちらにうかがってきました。でも普段は、お子さんへの個別対応の仕方や保育の質の向上について、保育者と話し合うことが多いので、保護者の皆様とああした場でお会いするのは、意外にも、初めてでした。 実は姉妹園の浅川保育園でも、月に一回地域のお母さんたちの育児相談を受けています。今では、卒園児の保護者の方々が、大きくなったお子さんのことで相談にお見えになったり、地域で一人目のお子さんの相談を受けたご家庭で、ついに3人目の育休です、と育休のたびにお越しになる方もおられます。その方々の目的は、子どもの問題を即決したいということよりも、親子それぞれの成長や、ちょっと先の見通しを確認しておきたい、ということが大きいようです。 確かに、本来子育て相談というのは、そういう時にパワーを発揮できるなと感じます。長い人生を親子は一緒に歩んでいかれるのですから、親としての自信は、それを支えるエンジンでもあるでしょう。時々親としての心のメンテナンスをして、エネルギーをチャージする場を確保すること。これって、心のジム通いと同じです。いやもうちょっと受け身な方は、足つぼマッサージと思っていただければと思います。9月もよろしくお願いします。 

(臨床心理士 青木)

食育 噛むことの大切さ

 

みなさんも食事をしている時にパリパリ、ボリボリ、サクサク、カリカリなど耳の鼓膜で音を感じた事があると思いますが、この音は味わいにとても影響を与えています。咀しゃくというと、固いものを噛むということを連想してしまいがちですが、そうではありません。毎日の食生活を通して、噛むことを習慣化することがとても大切です。野菜嫌いの子どもが多いといわれている昨今ですが、軟らかいものを食べ慣れた子どもは、よく噛んでからでないと飲み込めない野菜などが苦手なようです。その為、噛まなくなり歯やあご、その周辺の筋肉の発達が阻害されてしまいます。 子どもに噛むことを習慣化させる為には、食事の内容とともに、噛むことに集中できる食環境づくりが大切です。日々の家庭での食事の中やたくさんのお友だちと食べる園での食事の中で、よく噛んで食べることとともに、食べたときの音を感じとれる感性を育てる心がけを大事にしていきたいですね。



(栄養士 佐藤)

八王子保健所感染症情報      八王子市保健センター
 

Copyright (C) 2013 八王子市立長房西保育園