八王子市立長房西保育園

トップ

園のご案内

園のお知らせ

年間行事

1日のすごし方

心と身体(保健衛生)

今日の保育

今日の給食

子育て支援

一時保育



八王子市立長房西保育園

〒193-0824
東京都八王子市長房町
588都営西8号棟
TEL:042-664-2583
FAX:042-665-1711


指定管理者
社会福祉法人 相友会
理事長 村松一恵

姉妹園
浅川保育園  諏訪保育園


ボランティアしませんか
地域支援の一環として、ボランティアの受け入れをしています。詳しくは園までお尋ねください。

園のお知らせ
07月のお知らせ  

夏祭り

先日の夏祭りでは、心配だったお天気も雨が降ることがなく、すべてのプログラムを園庭で開催することができました。ご参加とご協力をいただき、ありがとうございました。
感染症の対策を行っていたために、全体でお店屋さんや盆踊りを踊るのは当日が初めてとなりましたが、とても楽しそうに踊ったり、太鼓を叩いたりすることができました。幼児では園児の異年齢の活動に小学生や保護者がさらに加わり、踊りや太鼓のリズムに人と合わせ協調する楽しさが湧き出ていたのではないでしょうか。
この子どもたちの「同じ動きをする」の協調と「自ら楽しみながら選択する」の協調には、大きな違いがあります。「みんなと同じ」は大人にとって安心感を得ますが、「自ら楽しみながら選択する」は、大人には「好き勝手」と思われて、不安を感じるのではないでしょうか。
子どもたちは夏祭りに向けて、何がしたいか話し合ってお店屋さんの内容や太鼓などを決めました。夏祭りは文化の伝承ですが、お店屋さんは保護者や地域も参加の一大ごっこ遊び。踊りはまねっこ遊びから始まっています。去年と同じでも子どもの体験の仕方は違います。時には他の遊びに集中し踊りたくない日があったり、またそれが当日であったりしても… 

自分で選ぶ楽しさから学ぶ先には、人と協調し学ぶ楽しさへと成長していきます。

メダカ

田んぼの保水性を上げるため、代掻き後に「荒木田土(あらきだつち)」という粘土質の土を初めて入れてみました。梅雨の長雨の影響か土の効果かまだ判断はできませんが、確かに保水性が上がっています。その田んぼに田植えが終わり、恒例となったゆり組のメダカの放流を行いました。メダカを自分で放すことで子どもたちの関心も増しますが、ボウフラの対策にもなっています。
早速シオカラトンボやオニヤンマが、卵を産みにやって来ています。
ぜひご覧ください。

07月の行事予定

4

0歳児健診

布団乾燥

6

夏祭り

9

交通安全指導

10

そうめん流し(ばら・ゆり組)

11

ベビーマッサージ

12

ゆり組お泊り保育

13

 

15

海の日(休園日)

17

歌と絵本で遊ぼう

18

布団乾燥

避難訓練

19

ヒップホップ

応急救護訓練(職員)

22

就学懇談会(ばら・ゆり組)

26

お話しの会(ばら・ゆり組)

じゃがいも

6月中旬に地域の井上さんの畑で、ゆり組がじゃがいも堀りをさせていただきました。フカフカの土の中から大きなじゃがいもがたくさん採れて大喜びの子どもたち。飲用もできる冷えた井戸水で手を洗わせていただき、畑の見学もさせてもらいました。

園庭の畑では、ばら組とゆり組が自分で育てたじゃがいもを収穫しました。園のじゃがいもも豊作だったのですが、ゆり組は自分で育てたものと農家の方が育てたじゃがいもの違いを体験し、どちらも給食やおやつで美味しくいただきました
photo

 

イベント案内(予約をしてください)行事予定表をご覧ください。
  • 歌と絵本で遊ぼう
  • 親子でヒップポップ!
  • ベビーマッサージ
子育て相談
  子育て相談も実施しています。気軽にどうぞ。
一時保育

緊急に保育が必要な方のお子さんをお預かりいたします。登録が必要です。
定員は3人(1歳児以上)
利用料 1時間350円 (給食300円、おやつ100円は別途)

   

Copyright (C) 2013 八王子市立長房西保育園